看護師のダブルワークにはどのような職種がありますか?

看護師ダブルワーク.net|副業バイトで高収入! > 看護師ダブルワーク > 看護師のダブルワークにはどのような職種がありますか?

看護師のダブルワークにはどのような職種がありますか?

ninteikango

本業以外に副業を行なう事をダブルワークと呼んでいますが、
看護師でもダブルワークをしている方が多いのをご存知でしょうか?

それぞれのライフスタイルに合わせた働き方がありますが、
常勤で働いている方は
恐らく体力的にダブルワークは相当キツいのではないかと考えられます。

体力に余裕がある方は
常勤の休日を利用してダブルワークをしている方も多いようです。

非常勤の方は比較的体力や
時間に余裕があるためダブルワークしやすい環境になります。

ダブルワークの職種事例

看護師のダブルワークとして、求人数が多いのが老人福祉施設です。

最近は高齢化社会の影響で
老人福祉施設が増加していますよね。

介護関連の職種だけでなく、
看護師の有資格者を求める職場が増えています。

仕事内容は入居者の健康管理を主に担当しています。

ダブルワークの副業として勤務してもらう形でも問題ないとしている職場が多く、
看護師の要望を柔軟に聞き入れてくれる可能性が高いと考えられます。

看護師のダブルワークとは

どちらかと言えば単発バイトで働く機会が多いのは
健診スタッフです。

健康診断の際に採血を行ったり、
内視鏡や婦人科の健診時に補助を行ったりします。

本業よりもハードな勤務にならない場合が多く、
ダブルワークには最適として人気が高い職種です。

場合によってはどうしても人手が足りない病院の
夜勤でダブルワークとして勤務可能な場合もあります。

夜勤は体力が必要なことがデメリットですが、
1回の勤務が非常に高収入なことから、若い看護師に人気です。

また、本業とは違う職場環境で働けるため、
スキルアップができるメリットもあります。

本業と副業のバランスを考える

看護師がダブルワークをする際に注意しなければいけないのは、
本業に支障を与えるような副業は避ける事です。

患者さんの命に関わるような仕事を担当する機会が多い看護師にとって、
体力の限界を超えてまで働くのは危険ですよね。

副業はあくまでも
心身の調子が良い時に行なうように心がけておくとよいです。

看護師のダブルワークができる職場は色々ありますが、
どんな職場でも体に大きな負担を与えない仕事を選びましょう。

ダブルワークの良い情報探しは、
看護師専用の求人サイト・転職サイトに無料登録すると良いみたいです。

ダブルワーク求人サイトのランキングを見る

関連記事

  1. 准看護師でもダブルワーク求人はありますか?
  2. 週1回でOKな看護師のダブルワーク求人はありますか?
  3. 高収入の看護師ダブルワークは夜勤バイトですか?
  4. 給料即日払いの看護師ダブルワークはありますか?
  5. 看護師仲間にダブルワークはバレませんか?
  6. 看護師のダブルワークは老健が楽でよいですか?
  7. 確定申告すればダブルワークは病院バレしませんか?